STORY 02
仕事って面白い。設計って面白い。
素直にそう思える。

メカトロニクスエンジニア
山本 大貴(2018年入社)

社員の方々がどこよりもいきいきとしていた

10代の頃からゲーム機や自転車、バイクを解体して仕組みを研究するなど、機械を触るのが大好きだったのを覚えています。大学では機械システム工学科に在籍し、飛行船を研究していました。
そんな私ですから、エンジニアを志したのは自然な流れでもあります。
就活では自動車やバイクのメーカーも見ていましたが、最終的にVSNに入社を決めた理由は、さまざまな現場を経験しスキルアップできる点と、本社や研修センターを見学した際、雰囲気がとても明るく、他社よりも社員の方々がいきいきと働いていた点です。

装置の開発に携わり、奥深さに惹かれている

入社後は、フラットパネルディスプレイ(FPD)製品、半導体製品に用いる製造、検査、測定など各種装置の開発、設計、製作販売を行うメーカーに配属となり現在に至ります。
1年目から設計にも携わらせていただき、設計に付随して解析など幅広く担当することができました。現在は「集束イオンビーム装置(FIB)」という試料を加工したり観察したりするための装置を開発する基礎研究を行っています。
入社時は自動車や二輪バイクなどに興味がありましたが、現在の仕事に携わってみて、装置設計の奥深さ、おもしろさにどんどん惹かれています。

構想から出荷まで関わったことが貴重な経験

入社して3年目になりますが、お客さま先の上長からも仕事を任せていただけるようになり、力もついてきたと感じます。
やはり、装置の開発において構想の段階から出荷まで関わり、全体の流れが見えたことは設計業務にも活かせる貴重な経験でした。
10 代の頃にさまざまな機械を触り仕組みを知っていたこともスムーズな設計に役立っています。
素直に、仕事って面白い。設計って面白い。そう思えています。
現在は他社から配属されているエンジニアの方に、装置の先輩としていろいろと教えるようにもなり、何かと頼りにしてもらえることに喜びを感じます。

人生が300年あっていいくらい常に勉強の日々

相変わらず自動車やバイクは好きなので、モータースポーツのサークルに所属しています。VSNは社内のサークル活動も活発で、就活の際に自分が感じた通りの明るい社風が魅力です。
将来のエンジニア像は、「この人に聞いたら何でも答えが返ってくる」と思っていただけるような、幅広い分野の知識を持つ人物です。同じ部署内にそのような先輩がいて、良い目標となっています。
装置に携わり奥深さにはまっていったのと同様に、どの分野に携わったとしてもそれぞれの面白さがあるのだろうなと思います。
人生が300年くらいあってもいいくらい常に勉強ではありますが、目標に近づくためにも、多くの経験を積み重ねていきたいですね。

動画メッセージ