好奇心を失わず成長し続け、
生涯エンジニアとして働きたい。

インフラエンジニア
田中 琴美(2019年入社)
社会情報学部卒

VSNなら効率よく成長できると思った

こんなWebサイトを私もつくりたい。初めてパソコンに触れた小学生のとき、私はそう思いました。何かビビッとくるものがあったのですね。そこから想いを一途にあたため、大学時代は情報デザインを専攻しました。Webサイトを作る仕事に憧れてはいましたが、情報系の仕事に就くのであれば、幅広い知識を持っていた方が断然有利だと感じたことが、VSNに入社を決めた理由です。VSNなら効率よく成長する機会があると感じましたし、社員の方々の気さくな雰囲気も良かったです。

要件定義から参加したことが貴重な経験

現在は大手通信事業会社のシステム部に配属され、顧客情報を取り扱うシステムに携わっています。ネットワーク、サーバ、データベースといったインフラ設計・構築から運用保守、外部の協力会社に開発を依頼するシステムの要件調整、仕様策定のサポートなど、業務は多岐にわたります。大学時代の勉強が活かせない上にインフラの知識も無く最初は苦労しましたが、VSNの先輩に協力していただき仕事を進めていきました。まだ2年目ということもあり、一つひとつの仕事を無事に完了させる達成感がモチベーションになっています。また、入社後すぐに要件定義からプロジェクトに参加し、システム開発の一連の流れを知ることができたのは貴重な経験でした。せっかくなので、いつか開発系の仕事にも携わってみたいです。

VI活動の楽しさにワクワクしている

さらに、私はバリューチェーン・イノベーター(VI)の活動に楽しさを感じています。お客さまの業務改善や効率化は、自分たちがよりスムーズに働けることにもつながりますので、たくさん活動を積み重ねていきたいです。入社時からは、すべてのシステムに共通する業務についてのマニュアルを作成し、誰もが他人に聞かなくても自己解決できるようにする業務改善のVI活動を行いました。前回は途中参加でしたが、次は最初から携われるのでワクワクしています。チームリーダーからも「期待してるよ」と声をかけていただいていますので、アイデアや意見を求められたら、ぜひ何か発言できたらいいなと思っています。

好奇心を失わず充実した人生を送りたい

私は生涯エンジニアとして働きたいですし、新しいもの好きで好奇心旺盛な私にとっては、エンジニア以外の道を探すメリットがありません。もちろん、プライベートでも資格の勉強をしたり、知識を得るためには好き嫌いなく仕事をすることが大切になるなど、新しい技術を追いかけ続けなければいけない大変さもあります。生涯エンジニアをやってもこの世界を網羅することはできないのかもしれません。それでも、好奇心を失わずに成長し続ければ、充実した人生が送れるのではないかと思っています。

動画メッセージ