STORY 09
設計もマネジメントも、
若いうちから挑戦できる。

ファームウェアエンジニア
長嶋 啓(2018年入社)
理工学部 電気工学科

成長スピードが早そうだと感じて入社

学生時代から自動車関係の仕事に興味があり、制御工学を学ぶ研究室に在籍していました。そのため就活で見ていたのは完成車メーカーや自動車部品メーカーです。
VSNに出会い入社を決めた理由は、一点集中ではなくいろいろなものづくりに挑戦できることと、若手のうちから上流工程に携われることです。ここで働けば成長スピードが早そうだと感じました。
入社してからその印象が変わることはなく、実際に早いうちから設計を任せていただけましたし、サブリーダーとして、リーダーとともに業績などを見て経営視点で考える業務や、メンバーをまとめるマネジメントの経験もできています。

自分がつくったものを通して貢献できる喜び

入社後1社目は、大手自動車メーカーに就業し、二輪バイクのエンジンコントロールユニット(ECU)の開発に携わりました。
主な担当は解析業務で、できあがったものが仕様どおりになっているかを実車やシミュレーションを使用して解析するという品質に関わる業務です。
現在は二輪バイクのメーターを製造している企業で、メーターの仕様検討や設計を担当しています。
1社目の経験を活かしつつ、より細部の設計に携われることにうれしさを感じています。また、自分がつくったものを通して、誰かのため、社会のために貢献できることもモチベーションになっています。

目標を実現するためにサポートしてもらえる

1社目のプロジェクト終了時には、引き続き自動車関連の業務がしたいこと、1社目ではハードウェアの知識を勉強できたので、次はソフトウェアの仕様検討や設計に挑戦したいことをキャリアプランナーの方に伝えました。
このようにキャリアプランを立てながらステップアップでき、営業の方も含め実現したい目標に向けてサポートしてもらえるのもVSNの魅力です。
また、VSNはチームでお客さま先に就業することが多く、チーム間の交流も活発に行われるため、先輩から教わりながら成長できることも心強かったです。

将来は会社の経営的な部分にも携わりたい

バリューチェーン・イノベーター活動もチームで積極的に行っています。
1社目では、定型化された解析業務の自動化を提案し、先輩やメンバーに協力してもらいながらツールをつくり、工数削減に貢献できました。お客さまからも良い評価をいただき、自分の提案をみんなで形にできたことに達成感を感じました。
今はまだリーダーをサポートする立場ですが、将来は会社の経営的な部分にも携わり、事業全体に関わる仕事にも挑戦したいと考えています。
そのためにも、エンジニアとしてすべての工程を経験していきたいですし、経営層をはじめ多くの方々の意見を聞き、自分の考えを持つように心がけています。